高濃度炭酸パックの有効性

炭酸パックの興味のある方は多いと思います。

そして、多くの方が炭酸パックに興味を持つのは『エステ』であることが多いです。

これはちょっとした理由があって、市販のものだと「ふーん、こんなものか……」なんて思ってしまって、炭酸パックに強い興味を抱くことがないからです。

試に使ってみたものの、そんなものかで終わってしまうわけですね。

これには理由があって、そのまま『市販はいま一つ、でもエステの炭酸パックは効果があるから次の興味へとつながる』からなのです。

エステの炭酸パックと市販の炭酸パックってそんなに違うの?

そうお思いかもしれません。

そして、それに関しては『その通り』とお答えしておきます。

具体的には、『炭酸濃度』がエステの炭酸パックと市販の炭酸パックでは大きく違うことが多いのです。

炭酸パックが効果を発揮するにはある程度『高濃度の炭酸』が必要になります。

濃ければ濃いほどいいのかというと必ずしもそうではありませんが、低濃度すぎては駄目だとは言えます。

なぜなら、学術的にも炭酸がお肌に発揮する効果というものは認められていますが、その試験に使われたものも『高濃度の炭酸』だからです。

つまり、効果ありと出た結果はあくまでも『高濃度の炭酸』を使用したときのものなのです。

これが『エステの炭酸パック』と『市販の炭酸パック』の効果の違いを生んでいます。

だからエステで炭酸パックを経験された方は炭酸パックに更なる興味を覚えますし、市販の炭酸パックから入られた方はそんなものかで終わってしまう方がそれなりに出てきてしまいます。

そんななか、『エステに負けない炭酸パックをお家で行う』というコンセプトのもと17skin高濃度炭酸パックが市販されました。

この17skin高濃度炭酸パックはなかなかのスグレモノでお家でながら使用ができる使いやすさを備えながら、エステの炭酸パックに負けないと多くの方からも高い評価を得ています。

なので、もしいま炭酸パックに興味を持たれているならば、そのへんで適当な炭酸パックを買うのではなく、この17skin高濃度炭酸パックからはじめるのがおすすめだと思います。

どうせ試すならきちんと効果があるものを試して、その結果自分のスキンケアに取り入れる入れないを検討するのが最良なのは言うまでもないからです。

そんな17skin高濃度炭酸パックを最安値で買うための記事も書いていますので、ご興味のある方はそちらもご一読ください。

17skin イチナナスキン 高濃度炭酸パック

ナイアシンアミド

ナイアシンアミドは『シワ改善』『メラニン生成抑制』の効果を持ち、スキンケアアイテムとしてはよく医薬部外品の有効成分として配合されているのを見かけます。

そのナイアシンアミドについて調べてみると……

1)グルコシルセラミド、スフィンゴミエリンおよびセラミド合成促進によるバリア機能改善作用
2)メラノソーム輸送抑制による色素沈着抑制作用
3)コラーゲン減少改善による抗シワ・抗老化作用

といった効果が確認でき、このうちの2)3)の色素沈着抑制作用(⇒メラニン生成抑制⇒美白効果)、抗シワ・抗老化作用(⇒シワ改善)のように利用されている。

ナイアシンアミドは栄養素ビタミンB3としてよく知られているナイアシン(ニコチン酸)のアミドであり水溶性の有機化合物で、かなり昔から化粧品成分や医薬部外品成分として使われてきました。

このなかでシワ改善効果が厚生労働省で認められたのは推定で2018年と言われており、まだかなり新しいのです。

ナイアシンアミド自体は古くから利用されていますが、シワ改善効果が認可されたのは本当にまだ最近だったりするのです。

そして、そんなナイシンアミドのシワ改善効果を看板にして、最近とある薬用オールインワンジェルが発売されています。

17skinというブランドで17skin薬用リンクルオールインワンという名前で発売されました。

こちらは、シワ改善効果のある薬用オールイワンとして発売されたのですが、なんと日本初なのだそうです。

それを聞いて「うそー?!」と思ったひとも多いのではないでしょうか。ちなみに私はそう思ったがわのひとです(笑)

しかし、確かにシワ改善の『薬用』オールインワンというと他に思い浮かびませんでした。

今までなかったのが不思議ではあるのですが、確かにまったく思い浮かぶものはなく、メーカーが言っている以上ホントに日本初なんだと思います。

当然、有効成分としてナイアシンアミドが使われている以上、美白効果も間違いなくあり、そして17skin薬用リンクルオールインワンは非常にみずみずしいジェルで保湿力も十分だったりします。

つまり、『保湿力』『シワ改善効果』『美白効果』が約束されたアイテムなわけです。

これを見たとき、秋冬にこれほど相応しいアイテムもないなと思いました。

ご興味のある方は、下のリンク先の記事もチェックしてみてくださいね。

17skin オールインワン 最安値

フーセンⅢが熱い

シーボン.から出ているカラフルールのフーセンⅢが熱い。

カラフルールは高品質ヒアルロン酸保湿美容液と銘をうたれたアイテムで、これからの乾燥の時期非常に心強いアイテムと言えます。

そのカラフルールに独自配合されている成分がフーセンⅢです。

『ヒアルロン酸Na』『加水分解ヒアルロン酸』『ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム』という分子量の異なる3つのヒアルロン酸を独自に配合しているのがフーセンⅢです。

ようするにヒアルロン酸なので、保湿力アップアップですよ!

これに『海洋性ナノコラーゲン』や『独自の非水ゲル乳化技術で処理されたスクワラン』なども配合され、圧倒的保湿力をめざして設計された美容液です。

まさに、これからの乾燥の季節にぴったりではありませんか。

どうしてもこれ季節ではお肌の潤いが失われ、かさかさしたりつっぱったりします。毛穴が目立ってしまったりメイクのノリも悪くなったりもしますし、ひどいと痒みや赤みを帯びたりもします。

それを回避するには、どうしてもこの季節の重点的な保湿は避けて通れません。

普段以上に気をつけないと、あっという間にお肌が荒れてきます。

だからこそ、カラフルールのような保湿力に注力したアイテムは、この時期注目してほしいと思います。

きちんと保湿力のあるアイテムで重点的なスキンケアをするかどうかで、秋冬のお肌の調子は本当に天地ほどに変わってきます。

だからこそ、注目してほしい。

そんなアイテムがカラフルールになります。

最初にご紹介した通り、カラフルールはシーボン.からリリースされているので信頼度の高いアイテムになっています。

シーボン.というと、トリートメントマセRなんかが根強い人気があって有名ですよね。

実際、@コスメなんかでも高い評価を得ています。

なにげにボトルもすごくおしゃれな感じなので、中身と一緒に高評価を得ていたりもしますが。

いずれにしても、いまの時期とくに使ってみてほしい隠れた名スキンケアアイテムなので使用してみてほしいと思います。

カラフルール 最安値

いきなり降ってわくのが獣害被害

天井裏でトトトト……となにかが走る音がする。

天井来や床下でがりがりと何かを削る音が……。

なにやら異臭がするようになった……。

ベランダや庭の一部分に鳥のフンが堆積している……見上げれば、巣を見つけた。

これらは全部『獣害』です。

なにも山からサルやクマ、イノシシが降りてきて──という話ばかりが獣害ではありません。

一番メジャーなところで『家ネズミ』の被害も獣害です。

ただ、この獣害ですが非常に困った問題があります。

どんなに被害があっても、日本の法律では免許や許可がないと基本的に獣を捕獲してはいけませんということになっているのです。

つまり、どんなに困っていても捕まえることはできないのです。

ただ、『家ネズミ』に関しては実は免許が必要ではないので、一応捕獲はできます。

しかし、そんな家ネズミでも正直、安易に素人が捕獲を試みるのはおすすめしません。

なぜなら、動物は一般人が考えている以上に賢く、容易には捕獲できないからです。

ネズミだと、毒餌や捕獲シートなどが市販されていますが、それらを使ってきちんと捕獲しきることは非常に難しいのです。

捕獲するには、専門家の知識や経験が必要になります。

それに、こうした害獣の駆除は実際には『駆除』するだけでは問題の解決には至りません。『対処』する必要があります。

駆除は対処の一部でしかないのです。

害獣が住みついたことで清掃が必要になります。フンなどが堆積しているかもしれません。

ダニやノミの除去も大事でしょう。細菌や寄生虫に対する対処も必要です。

つまり、清掃・殺菌・消毒などが必要になります。

そして、害獣が住みついたということは侵入経路があるということですし、その場所が害獣によって住みやすい環境であるということの証明でもあります。

つまり、侵入経路を特定して塞がなくてはいけないですし、再発防止のための施工も必要になってきます。

害獣によって家屋が破損・腐食させられていたら、そのための修繕も必要でしょう。

これらをすべてやって、対処です。

それに、仮に捕獲したとして一般人が『処分』を行うのはかなり抵抗があると思います。

これらの問題もあって、害獣被害になったら即プロに依頼しないといけないのです。

だから、獣害はまさに降ってわく『被害』なのです。

害獣駆除

ビューティーオープナーが強すぎたという貴女に

95%もの高濃度で卵殻膜エキスが配合されていて、卵殻膜エキス美容液として不動の地位を築いているビューティーオープナーですが、まったく問題がないわけではありません。

例えば……『ニオイ』!

歯に布着せずに言えば……クサイ!!!

という評価をしている方も非常に多いです。慣れたという方でさえ、『独特なニオイ』というくらいなので推して知るべしです。

そして、こちらが厄介なのですが……アイテムの売りである『高濃度』卵殻膜エキス配合のアイテムだということ。。

要するに、加齢によって大きくダメージを受けすぎたお肌に、いきなり大量使用すると、お肌がビックリしてむしろ赤みやヒリヒリといった新たな肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるのです。

ビューティーオープナーが『化粧品』であることが原因でしょう。医薬品のように容量用法の順守といった意識が希薄にりがちなのです。

医薬品だときちんと成分の使用濃度や摂取総量などがきちんとした管理のもと規定通りに処方されますが、化粧品だとそんなことは普通考えません。

なので、こういった『強すぎ』トラブルも稀に引き起こすのです。

自身で使用量を調節……少量を使用、化粧水などで薄めて使用などの工夫をすれば、自分に合った状態で使用できるのですが、そういうのは面倒だという方もおられることと思います。

そうなると卵殻膜エキスがお情け程度に他の成分と一緒に配合されたアイテムしか使えないのか……とお思いかもしれませんが、そんなことはありません。

たとえば、件のビューティーオープナーも同シリーズながらオールインワンジェル仕様となった『ビューティーオープナージェル』があります。

以下にリンクを置いておきますので、ご興味のある方はご一読ください。
ビューティーオープナージェル 販売店 最安値

こちらだと、一番最初にお話ししたビューティーオープナーの『クサイ』問題もいくらか和らいでいるようです。

また高濃度問題も、オールインワンジェル仕様にしたことで美容液よりも成分濃度が適度に下がって、ビューティーオープナーでは強すぎるが卵殻膜エキスの効果が実感できる程度に卵殻膜エキスの濃度が欲しい……という方にはうってつけのアイテムになっているようです。

ビューティーオープナー以外にも高濃度卵殻膜エキスの美容液というとチェルラーブリリオやラントゥルースなどが発売されていますが、こういった評判の高濃度卵殻膜エキスの美容液が自分には強すぎて諦めざるを得なかったという方も、この『ビューティーオープナージェル』を試されてみてはいかがでしょうか。

首元のスキンケアはできていますか?

少しずつ春めいてきました。

今年はコロナが猛威を振るい外出というのは気軽にできませんでしたが、ワクチン摂取計画も着々と進み、また政治の努力と国民努力により爆発しかけていた感染者数を再び減少傾向に向かっているので、油断はできませんが今年は多少は外出できるかもという期待感も高まってきています。

となると、1年越しの外出だし、おしゃれも思いっきりして楽しみたいですよね。

外出自粛でメイクもしなくてよくて、顔の肌の調子が実はすこぶる良い……なんて人もいるでしょう。

羨ましい話です。

ただ……デコルテラインのケアもきちんとしていますか?

メイクせずにスキンケアだけしていれば、確かにお肌の調子は良いと思います。

しかし、他人に合わなくてよくて油断をしていては、せっかくのおしゃれをしての外出も、予定が決まってからしまったあなんてことになりかねません。

温かくなれば胸元の開いた服をコーディネイトしたいと思う機会も増えるでしょう。

ただ、そんな時デコルテの肌に自信がないから……なんて思いがかすかにでも脳裏をよぎったら、盛り上がっていた気分が台無しですよね。

そうならないように……きちんとデコルテもケアしておきましょう。

特に30代を越えたら要注意ですよ。

若い娘のお肌は、大してお手入れしなくても十分魅力的ですし、若々しく活力に満ちています。

しかし、女も30越えたら中身が熟してより魅力的になってきますが、残念ながらお肌は下降線に入ります。

これは生き物である以上、避けられないことです。

なので、きちんとケアしていきましょう。

実は、そういう時に使う専門のケアアイテムを見つけました。

ハーリスから出ている『ネックシートマスク』です。

これは、フェイシャルマスクで首にも少し……というような美容液マスクではなく、がっつりとデコルテをケアをするための設計がされているアイテムです。

下のリンク先のサイトで詳しく書かれていますが、なかなか面白いアイテムですよ。

ご興味のある方は、一度記事を読まれてみることをおすすめします。

デコルテ ライン