娘のスキンケア代

お年頃の娘。最近ご機嫌で買い物についてくると思ったら私を財布にしか思っていない事が判明。いつも行かされるのがドラッグストアと化粧品が売っている店舗に行かされるのであった。

行くと必ずスキンケア商品が籠の中に入っている。けれど興味がかなりあるのか毎回1時間以上見て決めている。この熱心さを少し勉強に向けてくれるといいのだか・・・といつも思う。

大人でもそうだけど、興味のあることは何時間でも見てられるし眠たくもならない。昔、私も勉強しだすと必ず30分もしないうちに眠たくなって寝てしまうことがあった。よほど勉強に興味がなかったと言えるので娘にも強くは言えない。けれど何でもいいので興味を持つことが大事だと何かのテレビ番組で言ってたのを思い出しスキンケアや化粧に興味のある娘を可能の限りサポートしようかと思っているがどんどん商品の値段アップが気になるところ。

自分がいつ化粧をしだしたのか覚えていないけれど、あまり興味がなかったのでたまたま入ったデパートの店員さんにどれがいいのか聞いて出されるものを購入したのを覚えている。今は、そのメーカーは使っていないけどそこで初めて基礎化粧品なるものを知った。

それから自分で調べながら今に至るわけだけど、高校生の娘にはやぬかれた感じがする。朝からスキンケアの徹底は感心で、朝からパックするほど・・・。

肌の張りもある若い肌なのにこの徹底ぶりは尊敬する。どんどん詳しくなっていくので今では、私が聞くこともあったり化粧品コーナーでどれがいいか見てもらったりしている。これが娘を持つ特権だろうか。息子もいるがそんな親子の会話などもちろんなく違いは明白です。

服も私の服をアレンジして娘が着たり娘の服を私が着たり、財布扱いではあるけれど、これはこれで私は楽しませてもらっている。次の日曜日も買い物の同行予約が入った。今は、上限金額を決めておかないとほしい物を欲しいだけかごに入れてくれるので阻止しないといけない。プレミアム馬油セラミド 口コミ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です