「しましょうか?」ではなく「します!」と答えなさい

「しましょうか?」という市うt門形式の申し出は確かに相手になにかをしてあげるという親切心のニュアンスもあります。
しかし、それに対しては控え目な人や引っ込み思案の方なら断ってきてしまいます。
その時々の状況にもよりますが、時には図々しく思われてるのがいやで辞退する人の割合が増えるでしょう。
本当にその人のためと思えるのなら「しましょうか?」ではなく「shじおます」のほうが良いことも多いのである。

なにかお手伝いしjてもらうことがあって、それが終わった時にねぎらいの意味もこめて
「なにかで前でもとりましょうか?」
と言われた時にお手伝いしてくれた人たちはどう答えるでしょうか?
ホtンとの方は
「お気遣いなく」
とこてあるでしょうン。
それが本心なのか建前なのか?
なかなか判断がつかなくて困ってしまいませんか?

せっかく手伝ってくれた人血あtになにかねぎらいのことをしてあげたい
そんな場合は
「食事を用意したのでどうぞ」
といういうべきかもしれません。

日本人は遠慮深い時と立場化l理です。
なかなか本音や本心を表には出しません。

この他にも重い荷物をかかえて困っている人がいれば
「持ちましょうか?」ではなく
「持ちm、明日」
が良いのです。
そのほうがストレートにあなたの気持ちが伝わります。

欧米ではこんな感覚が当たり前です。
確かに日本人の奥ゆかしさも美徳ではあるのですが、忙しい現代社会
このあたりはもう欧米化してもいいと思います。

あえて
遠慮する余地を残さないというのも気配りのひとつ
です。
自分が助けてもらった
自分が助けてあげたい
そこには遠慮はする必要なありません。
あまりに相手の気持ちを察しようとすることがかえって遠慮ばかりの薄っぺらい関係になってしまいます。
時には図々しくなりましょう。
それがきっかけでより深い人間関係が築かれるものです。
相手の心の懐に踏み込むには、あえて遠慮しない勇気も必要なんです。
一度 近くなった人間関係はちょっとやこっとじゃ崩れません。
署名ドットコム 評判 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です